無添加葉酸サプリのおすすめを紹介します

無添加の葉酸サプリはどれを選べばいいの??

葉酸は、赤ちゃんの体の形成に必要な栄養素で、母子手帳にも葉酸の摂取について書かれているほど重要です。妊活中、妊娠中、授乳中の女性は積極的に摂取しましょう。

 

葉酸サプリは、口に入れるものですし、これからおなかの赤ちゃんの形成に必要で、赤ちゃんに影響のあるものなので、安全なものを選びたいですよね。

 

でも、葉酸サプリの種類はたくさん!この中から選ぶのは大変です。違いがわからない、値段が安くて品質がよいのがいい、など葉酸サプリの選び方について疑問が出てくると思います。

 

そこで、無添加の葉酸サプリの選び方のポイントと、無添加で安心・安全な葉酸サプリをランキングにしました。どの葉酸サプリがいいかわからない方は、チェックしてみてください。

 

→無添加の葉酸サプリおすすめランキング ベスト3はこちら

無添加・天然だから安全というわけではない?!何が無添加か知っておこう

葉酸サプリは、「無添加だから安全」「天然だから安心」というわけではありません。何が無添加なのかを知る必要があります。

 

天然葉酸と合成葉酸について

ほうれん草

 

葉酸サプリには、天然葉酸(ポリグルタミン酸型)と合成葉酸(モノグルタミン酸型)があります。厚生労働省は、合成葉酸(モノグルタミン酸型)を1日400μg摂取することを推奨しています。
それは、天然のポリグルタミン酸型の葉酸は、体内での吸収率が50%になってしまうからです。一方、合成葉酸は体内での吸収率を高めるために変換させたものです。合成葉酸は、体内への吸収率が85%あります。
天然だからいいわけではありません。合成のモノグルタミン酸型の葉酸を選びましょう。

 

無添加だから安全というわけではない

サプリメント

 

葉酸サプリだけでなく、他のサプリメントや化粧品にも言えることですが、無添加だから安全というわけではありません。サプリメントを作るには、成分を固めるために使う水飴やデンプン、表面をコーティングして、つるっと飲みやすくするための光沢剤や、においを和らげるためなどに、最低限の添加物は入っています。
着色料が無添加で、他の添加物が入っている時も”無添加”と表示されることもあります。何が無添加であるか、葉酸サプリに含まれる最低限の添加物が安全であるかも知っておきましょう。

 

GMP認可の製造工場の葉酸サプリを選ぼう

工場

 

これまでの紹介のように、「天然」、「無添加」と記載してあるから安全というわけではありません。安心・安全な葉酸サプリを選ぶ一つの基準として、GMP認可工場で製造されている葉酸サプリを選びましょう。
GMPとは、医薬品と医薬部外品の製造所における製造管理、品質管理の基準のことです。GMP認可の工場生産されるものは、原材料の入荷から製造、出荷までの工程で製品が安全に作られ、品質が一定になるように保たれています。
葉酸サプリのプレミンは、GMPよりさらに厳しいチェックのある、NSF GMPの認可を受けた工場で生産されています。
葉酸サプリを選ぶときは、GMP認可工場で製造されたものを選びましょう。

 

残留農薬や放射線の検査がされている葉酸サプリを選ぼう

農薬

 

天然の野菜から抽出されたエキスを使ってサプリを作っていたとしても、安全であるとは限りません。原料として使われている野菜に、農薬が付着しているかもしれないからです。だから、原料の安全性に注目するのではなく、葉酸サプリができあがってから、どのような検査に合格しているのかが重要です。
残留農薬検査や、放射線物質残留検査が行われ、合格しているものを選びましょう。

無添加の葉酸サプリおすすめランキング ベスト3

最後に、成分やサプリの検査実績を調べ、無添加で安全な葉酸サプリをおすすめランキングにしました。安心・安全な葉酸サプリを検討している方は、参考にしてくださいね。

 

プレミン

プレミンは安心、安全を最優先とした葉酸サプリで、GMP認証よりも厳しい審査基準をクリアしたNSF GMP認証工場にて製造しています。この基準の工場で製造されているのはプレミンだけです。

 

また、全成分の原産国、最終加工国を開示していて、安価で低品質な材料は使っていません。全成分の半分ぐらいは国産で、それ以外もヨーロッパやアメリカの主要先進国から輸入しています。全成分の含有量も開示しています。

 

第三機関にてヒ素、鉛、残留放射能、ヨウ素の検査を実施し、すべての成分が検出されていません。添加物に関しても、トランス脂肪酸、保存料、着色料、カフェイン、防カビ剤、香料、甘味料、苦味剤が含まれていません。安全性だけでなく、もちろん、葉酸・鉄・カルシウムの量も十分です。

 

プレミンの詳細はこちら>>>

 

価格 葉酸の種類 安全性

定価5,980円(税込)
ポストにお届け定期便なら
3,880円(税込)

合成葉酸
(モノグルタミン酸型)
400μg

 

ママニック

ママニックはGMP準拠工場で製造されている、合成葉酸(モノグルタミン酸型)が400μg配合されているサプリです。放射線検査、残留農薬検査にクリアしていて、着色料、香料、人工甘味料、保存料、膨張剤が無添加です。

 

サプリメントを固めたり、表面をコーティングするための水飴が使われていますが、安全性が高いものです。それ以外の成分も、野菜や果物などがたっぷりで、葉酸・鉄・カルシウム以外にも美容成分が摂取できます。1位のプレミンに比べて、ヒアルロン酸などの美容成分が多いのがポイントです。妊娠中は、肌荒れが起こりやすいので美容成分は嬉しいですよね。

 

ママニックの詳細はこちら>>>

 

価格 葉酸の種類 安全性

定価5,400円(税込)
定期便なら30%オフ
3,780円(税込)

合成葉酸
(モノグルタミン型)
400μg

 

 

ベジママ

ベジママは、GMP準拠工場で製造されている葉酸サプリで、工場だけでなくベジママの製品自体にもGMP認証のマークが付いています。

 

食品中の放射性物質の新基準値をクリアしていますし、ベジママの材料であるアイスプラントは閉鎖された自社工場で作られているので、農薬を使う必要がありません。ベジママは、これをクリーンファームと呼んでいて、消毒やエアシャワーで衛生面を徹底した社員が、温度や湿度を調整した工場でアイスプラントを育てています。

 

このアイスプラントにはピニトールという妊娠しやすい体作りをサポートする成分が入っています。鉄やカルシウムは入っていないので、妊娠中の方には物足りないかもしれません。

 

ベジママの詳細はこちら>>>

 

価格 葉酸の種類 安全性

5,940円(税込)
定期便だと
→初回半額2,970円(税込)
→2回目以降15%オフ5,054円(税込)

合成葉酸
(モノグルタミン酸型)

 

自分にぴったりの無添加で安心な葉酸サプリを見つけよう♪

いかがでしたでしょうか?
無添加の葉酸サプリといっても、何が添加されていて、その添加物は安全なものなのか、何が無添加なのかを調べないと、本当の安全はわかりません。

 

製造工場の安全性や、できあがった葉酸サプリの検査結果などからも、自分に合った葉酸サプリを見つけましょう。

 

参考に、無添加だけでなくこんなことを重視する人には、この葉酸サプリがおすすめという情報をまとめます。

 

とにかく無添加と安心・安全にこだわりたい

→ プレミン

 

無添加で美容成分も入った妊娠中に飲める葉酸サプリがいい

→ ママニック

 

安全で妊活中に向いている葉酸サプリがいい

→ ベジママ

 

これを読んで、自分にぴったりの葉酸サプリを見つけられたらいいですね!

 

妊娠を希望している人、妊婦さんに葉酸が必要な理由は??

これまで、無添加の葉酸サプリについて紹介してきましたが、なぜ妊娠を希望している人や、妊婦さんには葉酸が必要なのでしょう?
その理由について詳しく紹介していきます。

 

葉酸とは…
水溶性のビタミンB群の一種です。赤ちゃんの体の形成に必要な栄養で、血液を作ったり、細胞の生産や再生を助けてくれます。胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期においては、先天性の疾患を招くリスクがあり、葉酸の摂取が大切になります。先天性の疾患とは、特に「二分脊椎症」という神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われています。

 

では、葉酸はどの時期から、どのぐらいの量を摂取すればよいのでしょう?

 

葉酸を摂取する時期
葉酸は、妊娠する2〜3ヶ月前から摂取する必要があります。それは、赤ちゃんになる細胞や卵子は、妊娠前から作られているからです。予定していた生理が来ないと初めて妊娠の可能性に気づきます。そのときはすでに妊娠5〜6週です。妊娠が分かってからはもう遅いので、妊娠したい方は健康な妊娠と、体作りのために妊娠前から摂取しておくのがオススメです。

 

葉酸の摂取量
1日に必要な葉酸の量は、480μgです。これは、妊娠を希望する人、妊娠中の人、授乳中の人、みな同じです。葉酸サプリは、1日あたり400μgというたっぷり摂取できるので、効率よく葉酸を摂取できます。葉酸は、ブロッコリーやほうれん草にも含まれているので、毎日の食事の栄養バランスを考えて、意識して摂取していきましょう。

 

次に、葉酸の種類について紹介します。葉酸には、以下の2種類があります。自分の好みに合わせて、どちらの葉酸が配合されているのか確認してみましょう。

 

モノグルタミン酸型(合成葉酸)

「合成」と聞くと、人工的なもの?!というイメージがありますが、厚生労働省が推奨している葉酸でまったく危険ではありません。合成葉酸の吸収率は85%もあるので、効率よく葉酸を体内に取り入れることができます。葉酸サプリはこの合成葉酸を利用した商品が数多くあります。

 

ポリグルタミン酸型(天然葉酸)

オーガニックが好きな方、天然素材がいい!という方に向いている天然由来の葉酸です。合成葉酸にくらべて体内への吸収率は50%以下とあまりよくありません。

 

葉酸以外に必要な栄養素ってなに??

次に、妊活中、妊娠中、授乳中の方に摂取をオススメする、葉酸以外の栄養を紹介します。
葉酸サプリを選ぶときは、これらの栄養が配合されている商品を購入するのがオススメです。

 

鉄分

レバニラ
妊娠中は、胎児に酸素や栄養を送るため、血液の量が増加します。血液中に含まれるヘモグロビンが胎児へ酸素を運んでいますが、血液の量が増加しても、ヘモグロビンの量は増加しません。そのため、血液中のヘモグロビンが不足し、血液が薄くなってしまうのです。ヘモグロビンは退治だけでなく、自身の体にも酸素を届けるので、不足すると酸素のめぐりが悪くなり、だるくなったり、気持ち悪くなってしまいます。これが妊婦貧血という症状です。ヘモグロビンの主成分は鉄分なので、妊婦貧血を防ぐため、鉄分も入っている葉酸サプリを選びましょう。妊活中より妊娠中の場合は、鉄分が重要です。

 

カルシウム

牛乳
妊娠中は、赤ちゃんの骨や歯の形成のためにカルシウムが多く必要になります。カルシウムが不足すると、母体の骨からカルシウムを取って、胎児のために使用するので、妊娠中にカルシウム不足になると、年をとった時に骨粗しょう症になってしまいます。カルシウムは、妊娠にかかわらず、女性に不足しがちな栄養です。意識して摂取しましょう。葉酸サプリにはカルシウムが豊富に含まれているものもあります。

 

ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC

レモン
ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCは葉酸と一緒に摂取することで、葉酸の吸収が良くなります。また、ビタミンB6は、つわりの症状である吐き気を改善する効果があると言われています。ビタミンB12は血液中のヘモグロビンの合成を促進させ、ビタミンCは鉄分の吸収を助けるので、妊婦貧血に効果があります。

 

亜鉛などのミネラル

あさり
妊活中の方なら、亜鉛やカリウム、マンガンなどのミネラルもおすすめです。活性酸素という人の老化を引き起こす物質を除去する効果があり、卵子や生殖器の老化予防につながります。亜鉛は排卵をスムーズに、子宮内膜をフカフカにして着床を促します。

 

妊活中、妊娠中、授乳中に必要な栄養素と量は、以下に紹介します。

 

栄養素/時期 妊活中 妊娠初期 妊娠中期 妊娠後期
葉酸(μg) 480 480 480 480
鉄(mg)6.5921.521.5
カルシウム(mg)600900900900
ビタミンB6(mg)1.21.41.41.4
ビタミンB12(μg)2.42.82.82.8
ビタミンC(mg)100110110110

 

このサイトで紹介している人気の葉酸サプリは、どれも葉酸の量が豊富に含まれています。プラスでどのような栄養が必要かは、自分の今の状況(妊活中なのか、妊娠中なのか)で変わるります。葉酸サプリの特徴もそれぞれですので、含有している成分などを気をつけてみましょう。

 

無添加で栄養素もバッチリ!プレミンの詳細はこちら>>>